忍者ブログ

厨黒 - ちゅうくろ -

"厨"ニ病に冒された男が"黒"歴史を綴る、そんなブログ。

勝手に怒られる



 誰しも、失敗があって、叱られて然るべき状況なんてものは当然のようにあるはずだ。

 ただ、本当に自分が叱られているのかどうかが定かではない事柄がどうにも頻発しているように思えてならない気がする。

 例えば、接客業。読んで字のごとく、客に接していく生業。

 ある日、客に出したコーヒーが冷めていたということで、苦情があったそうで、会議まで執り行い、これは接客業として重大な問題である。業務形態、態度を改めるべきである。そういった内容で、後日、自分が酷く怒られたことがあった。

 その日はシフトに入っていないのに。

 まあ、問題が起きて、そういうことがありましたよ、と注意されるだけの話なら分かるが、その日、その時間、その場所にいないはずの自分が、何故か客に不躾な態度をとったばかりか、温かいはずなのに冷めたコーヒーを提供して客から苦情もらったんだから反省しろよ、とそういう話だ。

 なんの話だよ、と。

 元々、何十人もシフトに入っているわけじゃない。数人単位で回しているローテーションのはずなのに、どういうわけか、自分が、自分だけが悪いという話になっていた。しかも、会議の最中で名指しなのだから相当なことだ。仕事場から信用損ねるというレベルの話じゃない。

 ほかには、例えばゲームセンター。アミューズメント施設と言い換えてもいい。

 クレーンゲームやシューティングゲーム、レースゲームに音楽ゲームと色々と取り揃えているそんな施設で、あろうことか、定期的にゲーム機を破壊して回る不届きな輩が現れたという。プレーする度、故意に破壊する極めて悪質な者らしく、写メなどでも拡散される始末。

 で、確認してみると自分なわけだ。

 ゲームで遊んでいる自分の後ろ姿の写真があって、プレイヤーネームから普段やっているゲーム、はたまた使用しているキャラクターまで暴露されている。店に立ち入った際など、常連らしき人間に目をつけられて注意どころかぶん殴られそうになったくらいだ。

 何が問題か、ってその写真は自分が初めて店に訪れたときの写真で、それを確認したのは、注意されたのも二度目に来店したときのことになる。

 前々からその店に出没していて、毎回毎回訪れるたびに故意にゲーム機を破壊する人間が、1度しか来たことのない人間だった、という例はあるのだろうか。そして、1度しか来ていない人間の写真やプロフィール的なものが拡散されるというのは一体どういうことなのか。

 大体、証拠が曖昧だ。破壊活動している動画や写真ならまだしも、後ろ姿。そこにプレイヤーネームやゲームなどの情報が後付けでくっついているだけ。これをゲーセン荒らしのソースとして拡散されているのだから理解ができない。

 百歩譲って、故意にじゃない。偶発的に、無自覚に、ゲーム機を破壊するようなプレースタイルだったとしよう。それでも、情報の出回り方がおかしくはないだろうか。何度も訪れて、何時間も滞在してなら分かるかもしれないが、1度の入店でプロフィール情報が多すぎる。

 入店したことのない時期に出回っている情報があまりにも胡散臭い。投稿主曰く、前々から目をつけていて、今回ようやく痺れを切らして名前と写真の晒しにいたったらしいが、それって誰か別なヤツと取り違えてはいないのだろうか。

 なんにしても、不思議な話ばかりだ。

 自分がいない時間、場所で起きた事件があり、自分が犯人にされてしまうなど。

 もはや、ドッペルゲンガーや多重人格を疑うべきなのだろうか。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新コメント