忍者ブログ

厨黒 - ちゅうくろ -

"厨"ニ病に冒された男が"黒"歴史を綴る、そんなブログ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

今後のプラン



 カクヨムの方ばかり近況ノートを書き綴っていたせいか、こっちにブログがあったなぁ、ということを割と普通に忘れていた。

 向こうのことをこっちで書いても仕方ないような気もするし、わざわざ両方をチェックしている人もいないと思われるが、チラシの裏的な意味でちょいちょい書き綴ってみようと思う。

 さて、カクヨムでは年末くらいから新作小説とリメイク小説を2本、並行して投稿してきたものの、「ああ、こんなものか」と思ってしまえるくらいに伸びがよくなかった。

 具体的な数字で言うと、現時点で2本の閲覧数を累計しても500回も読まれていない。評価やフォロワー数がついていることは大変喜ばしいことだが、Pixivの方では1本投稿したら当日のうちに500回以上くらい閲覧されることもある。

 8月くらいにPixivに投下した作品について、こちらも具体的な数字でいうと累計25000回くらい閲覧されている。Pixivの方は大体投稿したらそのまま放置が基本ではあるが、カクヨムは形式の都合上、定期的にエピソードを追加という形で更新していた。

 とどのつまりは、8月から放置し続けた作品たちは25000回見られて、年末何度か更新し続けていた作品は500回くらいしか見られていないということになる。

 文章量の問題かと思えば、Pixivは累計7万字くらいで、対するカクヨムは倍近いの20万字くらいになる。

 放置した7万字が閲覧25000回。

 更新を継続した20万字が閲覧500回。

 数字を使って統計的な物事を語ろうとするとどうにも泥沼のようだ。まあ、去年の同じ時期に全く同じようなことをこのブログでも書き綴っていたと思うので、今更すぎるといえば今更すぎる話だが。

 カクヨムはPixivとは環境が違うので諦めてください。はい、さようなら。などといってしまうのは簡単な話ではあるが、一矢報いるというのか、なんというのか、自分の満足する程度の実績が欲しいのが本音だ。

 一応は自称、小説書き。そこのところはこだわりとプライドを持っていきたい。

 ということで今後のプランとしては、こだわりとプライドを捨てて、過去作品をカクヨムの方に放出しまくりたいと思う。いっそのこと、年末に投稿していた作品もまた書き直して連投しまくる方針すら考えているくらいだ。

 丁度というのか何というのか、どうやら2月よりカクヨムの方でまた企画があるらしく、公式連載小説を募集しているようなので、そこにぶん投げたいと思っている。

 実のところ、年末に投稿していたものもコンテストに出していた作品ではあったけど、分野別ランキング見たら400位くらいだったし、あまりにも絶望的だから公式連載の方に回していきたいところだ。

 考え方としてはどうなんだろう。倫理的にマズいことになるのだろうか。

 自分の作品を世界に発信したいあまり、ひたすら自分の作品を投下しまくるこの姿勢。

 それは創作者としては当然のことだ、とも思えるし、むしろそんくらいのこともせずに黙々と「誰か見てくれる人が見てくれればいいやー」などと、いるかも分からない人を受身のまま待ち続ける方がおかしいのでは、と思えてくる。

 随分とまあ泥臭い感じが否めないが、そもそも自分も上品な側の人間でもないので、このプランでいこうと思う。

 そんな、チラシの裏。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新コメント