忍者ブログ

厨黒 - ちゅうくろ -

"厨"ニ病に冒された男が"黒"歴史を綴る、そんなブログ。

「   」




 最近ふと思う。そろそろ自分はもうダメなんじゃなかろうかと。

 ネガティブ思考なんて今に始まったことではないわけだが。

 主に、どの辺りがダメなのか端的に言えば、頭の引き出しが開いてくれない。もう何度も顔を合わせてる、会話してる、そんな相手なのに名前が出てこない。常用外漢字でもない、ごく日常的に使う言葉なのに、出てこない。

 いつの間にこんなにも丈夫で頑丈な鍵を掛けてしまったのやら。

 朝、仕事へ向かう途中、「おはよう」と声を掛けられて振り向いたら知らない人がいて、「なんだ。人違いか」と思ったら、実は知ってる人でした。というか、一緒に仕事をしている人でした。そんな経験あっていいのか?

 バーガーショップに行って、メニュー開いて写真を確認した後、店員さんを呼んだのに、写真に写っていた料理の名前がその場で出てこないどころか、全く違うすっとんきょうな名前を口走る。どういうことだ? ちなみにポテト(写真:チキン)だった。

 頭なんてものは使わなければどんどん錆びていくもの。多分もう、頭の引き出しはガビガビの錆び錆びで油差しても足りないくらい酷いことになっているに違いない。

 さて、こういうのって、なんて言うんだったかな?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新コメント